Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年5月5日 更新
518 view

カラクチ管理栄養士の「太る習慣?ではなく夜食は病気です!!」

夜食が止められない方はいますか?太ると解っていてもついやってしまう・・・そんな悪習慣である夜食は思い立ったらすぐ!止めましょう!

こんにちは!管理栄養士の弓月桜です♪今回のテーマは _「夜食」! _ダイエットしている方なら、夜食が太るなんてことは常識ですよね。

では どうして夜食は太りやすい のか? どうしたら夜食を止められる のか?考えていきましょう!

夜食を止めたいなら
美味しいと言ってる場合じゃないでしょう!!!

夜食が太る理屈は何?

その1 身体の神経の働きは昼と夜で違うため

よく 体内時計 などと言われていますが、身体の様々な働きには、朝から夜までリズムがあります。

そのリズムの中に、 身体を動かすエネルギーを作る時に 糖質・脂質どちらを優先に使うか 、なんていうリズムもある のですよ!

 →  糖質 を優先     →  脂質 を優先

何も食べない状態の夜中の身体 は、寝ている状態のエネルギーを作るために、 脂質を優先に使う ようになっています。

しかし、 夜中にものを食べると インスリン (糖質をエネルギーに変えるホルモン)が分泌 されてしまいます。

インスリンがあると、 エネルギーを作るために脂質ではなく、 食べた糖質 を優先に使ってしまう のです!なので、夜食すると太りやすくなるのですよ!

その2 朝と昼にお腹が空かなくなり、夜食したくなるため

たくさん夜食をすると、当たり前ですが 朝と昼にあまり食欲がない状態 になります。

すると、また夜食することになり悪循環です!こういう夜食は、 栄養バランスも偏り気味 なものです。

その3 ストレスが夜食を引き起こすため

夜食をする人の多くは _ストレス _を抱えています。どんな病気にも言えることですが、 ストレスが引き起こしているのです!

なので、単純に夜食を止めても、 根本的なストレスの原因を見直さなければなかなか治らない ものです。

夜食はついやってしまう太る習慣ではなく、病気!

病名もあります・・・夜食症候群

種類としては精神病みたいなものです。

過食症 (ドカ食いする病気)も一緒になっていることもあるので、自分で食欲を抑えようとしてもなかなか治りにくいのです。

 (86671)

夜食は太るのは解っているけど、どうしたらいい?

ストレスをなくすことが効果的

とにかく ストレスを探して発散させることが第一歩 です。

仕事、勉強、家庭、人間関係などなど・・・ 誰かに相談する のもストレス発散になるかもですよ!

ストレス発散の仕方が解らないですと? あなたの手にあるスマホやパソコンは何ですか!

探して合いそうなものをドンドン試しましょう。

また、あまりにも ヒドイ夜食習慣のある方は、 心療内科や精神科 に聞いてみる といいですよ。

どのようなことが原因で夜食してしまうのか、 あなたの心の状態を、お医者さんと一緒に分析してもらう のも夜食を治すヒントになります!

三食しっかり食べて、しっかり運動すること!

朝・昼・夕と食事をしっかりとること も大事です。

「太るから少な目で食べよう・・・」ではなくて! そんなことするから夜食するのですよ!!

活動的な日中こそ、バランスよくキチンと食べましょう。

もちろん 運動 も大切です。適度な運動はストレス発散にもいいですし、夜にぐっすり眠れる効果もありますよ。

毎日夜食してしまう人は、夜食しない日を増やしましょう

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ストレスなんかに負けるな!生き方楽しむのは自分次第。

十人十色でストレスの原因も状況も違いますが、ストレスに負けない方法は似ています。 自分らしく楽しい生き方をつくるため...

218view

カラクチ管理栄養士の「味覚障害とは?亜鉛不足で味覚が壊れる!?」

あなたは味覚を大切にしていますか?亜鉛不足で味覚がちょっと機能しなくなっても大したことはない?その考え、太るモトかもし...

189view

専業主婦はイライラしがち。ストレスの原因と解消法はコレ!

専業主婦というだけで、1日中家にいて楽ばかりしているなんて思われたら心外ですよね。専業主婦って大変なんです。悩みもする...

2,788view

カラクチ管理栄養士の「太るモト?脂質と上手な付き合い方♪」

脂質は「太る」イメージが付きまとって、痩せ願望の女性は避けようと思いがちです。でも脂質は女性の健康に必須の栄養なのですよ♪

338view

カラクチ管理栄養士の「太りたくないなら知るべき!温度と味の関係」

食べ物を美味しく味わうために、必要なことの一つが「温度」です!温度と味の関係を知れば、太ることを防げるかもしれませんよ!

535view

この記事のキーワード

この記事のライター

弓月桜 管理栄養士 弓月桜 管理栄養士