Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2018年7月9日 更新
17 view

ネイルカラーのみで作る! トレンドのくすみ系カラーでボタニカルフラワーネイル

くすみ系カラー×ボタニカルフラワー ネイル

くすみ系カラー×ボタニカルフラワー ネイル

必要な物は市販のネイルカラーのみ!
トレンドのくすみ系カラーで、初夏にぴったりなボタニカルフラワーネイルをご紹介します。

ラベンダーカラーのボタニカルフラワーネイル

ラベンダーカラーのボタニカルフラワーネイル

1つ目は、ピンク〜パープル系のカラーでまとめたデザイン。

フラワーの指は、ピンクの濃淡2色に、ラベンダーカラーの中でも「青みが強めのパープル」の計3色を使い、製品のハケでランダムにお花を描いています。

アートをした指の間に、ワンカラーの指を挟むことでリズムをつけました。
アートで使用したパープルをワンカラーにも使い、リンクさせることで統一感も生まれます。

元気なイエローと、グリーンのボタニカルフラワーネイル

元気なイエローと、グリーンのボタニカルフラワーネイル

2つ目は明るく元気なイエローと、グリーンのデザイン。

イエローの濃淡2色で花びらを描き、花の中心にごく少量の茶色で花粉を足し、グリーンの葉を入れて爽やかに仕上げました。

アートが爽やかなので、こちらのワンカラーの指はアートでの使用色ではない、くすみ系のライトグレーとグリーン。
色を変えてもグリーンが入っているので、まとまりが生まれます。

ボタニカルフラワーの描き方

ボタニカルフラワーの描き方

フラワーの花びらは、ネイルカラーのハケを2、3回しごいてから、
ハケを寝かせて、スタンプ感覚でペタっと押し付けるように4〜5枚描きます。
そこで生まれるランダムさ、色のムラやかすれが『今っぽさ』につながるので、
『敢えての雑さ』が最大のポイントです!

中心の花粉の部品は、ハケをしっかりしごいて余分なカラーを落としてから、ハケの角で軽くポンポンとタッチして描きます。
1つ目のお花に、花びらが少し重なるように2つ目の別のカラーのお花を描くと、奥行きのある仕上がりになりますよ。

ストーン、スタッズ、シール類もなし。
ネイルカラーだけでも、工夫次第でワンランク上の大人なトレンドネイルが完成します!

ぜひ試してみてくださいね!
Cool NAILS make you smile!

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

AUTHORs Beauty AUTHORs Beauty