Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年11月11日 更新
23 view

積極的に摂りたい!美肌にいいとされる野菜と効果的な摂り方

さまざまな野菜の中から、美肌作りに特におすすめの野菜をご紹介します。あわせて、効果的な摂取方法や時期などについてもまとめます。

美肌作りにおすすめな3つの野菜

美肌にはもちろん、身体にいい栄養を含んだ野菜を3種類取り上げてご紹介します。まず、ニンジンです。

緑黄色野菜のエース、ニンジンはβ-カロテンの宝庫。β-カロテンは体内でビタミンAに変化して目や鼻の粘膜を保護し、潤してくれるので、風邪予防にはもちろん、乾燥肌の予防にも効果が期待できます。

引用:スキンケア大学

ニンジンを使った料理は普段食卓にのぼる機会も多いかもしれません。β-カロテンを効果的に摂るために、食べ方も工夫するといいでしょう。

腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれているので、肌荒れの原因となる便秘も予防します。β-カロテンは、脂質と一緒に摂ると吸収が良くなるので、炒め物にしたり、マヨネーズやドレッシングとともに食べるのがオススメです。

引用:スキンケア大学

次は、普段から好んで食べているという人も多いかもしれないアボカドです。

食物繊維が豊富なので、ニンジン同様便秘予防に効果的です。肌のターンオーバーを助けるビタミンB2、B6、葉酸や、抗酸化作用の高いビタミンEも多く含まれ、エイジングケア効果の高い食材としても有名。

引用:スキンケア大学

特に、エイジングケアを意識してアボカドを食べる場合は、ビタミンCも一緒に摂るようにするといいでしょう。

ビタミンEはビタミンCとともに摂るとより効果を発揮するので、レモンをかけて食べるのがオススメです。

引用:スキンケア大学

普段あまり意識する機会は少ないかもしれませんが、パセリも栄養を豊富に含んでいます。

抗酸化ビタミンの豊富さはトップクラス。β-カロテン、ビタミンC、Eをふんだんに含み、鉄分も豊富。鉄と、その吸収を高めるビタミンCとの相乗効果で血色が良くなり、くすみ予防にも効果的です。

引用:スキンケア大学

野菜を食べる際のポイント

野菜と食べるポイントは主に二つです。

加熱して食べる

加熱して食べることのメリットは、量を多く摂れることです。

生の野菜は身体と内臓を冷やしてしまうので、野菜を食べるならできるだけ火を通して食べるのが良いでしょう。生で食べるより加熱したほうが量もたくさん食べられるので一石二鳥です。

引用:スキンケア大学

加熱することで栄養素が壊れてしまう野菜もありますが、その分は量でカバーすることでクリアできます。

引用:スキンケア大学

旬の野菜を積極的に摂る

野菜にはそれぞれ旬の時期というものがあります。美肌を意識して野菜を摂取するうえで、この旬の時期について考えておくということは重要なポイントです。

旬の時期とそうではない時期において野菜の栄養価が違うという研究データもあります。

引用:スキンケア大学

その野菜をおいしく食べられるということ以外にもメリットがあります。

美肌には欠かせないビタミンCは、旬の時期とそうでない時期で含まれる量が大きく変わります。冬が旬のホウレン草は、夏に採れたものより約3倍ものビタミンCを含んでいます。また老化防止によいとされるβカロテンを豊富に含むニンジンは、旬の秋〜冬に採れるものは通常より約2.5倍も高いというデータがあります。

引用:スキンケア大学

美肌にいい野菜を賢く摂ろう

野菜にはたくさんの種類があります。それぞれで多く含んでいる栄養にも違いがありますので、どれか一種類ばかり食べるのではなく、いろいろな野菜を摂るように心がけましょう。また、効果的に栄養を身体にとりいれるためには、摂取するや時期にも気を配るといいでしょう。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ