Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2018年1月12日 更新
15 view

知ってる?正しい肌のお手入れと間違ったお手入れ

正しいお手入れできれいな肌を

肌のお手入れに関する情報は多く、混乱してしまいますよね。肌のお手入れについて、あなたは正しい情報をもとにお手入れをしていますか?間違った方法でお手入れをすると、肌を余計痛めてしまいます。

オイルクレンジングの正しいお手入れ方法

オイルクレンジングを好む人は多く、また、正しく使えばとても効果的です。誤った使用方法をすると、オイルクレンジングは肌に負担になる可能性があります。

洗浄力が強く刺激になるため、メイクが濃くて落ちにくいときだけ使うなどの工夫が必要です。

毎日のスキンケアで一番の基礎となるのは、クレンジングと洗顔でメイクや汚れを落とすこと。特にニキビができやすい肌の方は、オイルが残らないようにしっかり洗顔をしましょう。

オイルは化粧品となじみやすく、化粧品をよく落とすというメリットがあります。しかし、毎日使うと肌には負担になるため、注意が必要です。

クレンジング方法を正しく知ろう

ポイントメイクの正しい落とし方

通常の化粧品であれば、普段のクレンジングである程度おとす事が可能ですが、ポイントメイクはなかなか落ちにくいという欠点があります。

メイクにかけた時間と同じだけ、クレンジングにもかけましょう

ポイントメイクは強くこすっても十分にオフできない場合が多く、毛穴に詰まって肌トラブルを引き起こしてしまったり、色素が沈着してクマやシミの原因になってしまうため、注意が必要です。

肌にメイクを残さず、シミなどをつくらないためにも、ポイントメイクには専用のリムーバーを使ってクレンジングをする事をおすすめします。

実際どうなの?オールインワンの化粧品

パッティングで気をつける事はここ

肌に栄養を与えるパッティングも、やり方を間違えると肌を痛めてしまいます。パッティングは手でもコットンでも構いませんが、肌に負担をかけないように「優しく」がポイントです。

パッティングの後、ほんのり顔が赤くなっている人は注意が必要です。まずパッティングをする際の力が強い場合、そして押さえる回数が多い可能性があります。

唇も素肌、正しいケア方法

肌によいと思っておこなってきた手入れ方法が間違っていたら、目の前が真っ暗になりますね。一番よいのは、手入れ後の肌状態をしっかり自分で確認する事です。赤くなってしまったり、ヒリヒリすると感じたらお手入れを見直しましょう。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ