Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年11月14日 更新
15 view

インナーマッスルを鍛え上げる!おすすめのダイエット方法とは

 

ダイエットをするうえで筋力アップは欠かせません。なかでも、意識的に鍛えたほうがよいといわれている筋肉がインナーマッスルです。

そもそもインナーマッスルとは?

ダイエットをしていくなかで、よく出てくる言葉の一つにインナーマッスルがあります。インナーマッスルという筋肉があるように思えますが、実はインナーマッスルとは内側にある筋肉の総称のことです。

実はインナーマッスルという筋肉はありません。「インナー:奥の・内部の」、「マッスル:筋肉」という意味で、総称としてインナーマッスルという言葉を使っています。

人間の筋肉は骨に近い部分から何層にも重なって身体を覆っています。その中でも比較的深い部分にあり、深層筋と呼ばれている部分をインナーマッスルと呼ばれています。インナーマッスルは、姿勢を安定させたり、関節や内臓の位置を正常に保つ役割を担っています。

引用:ヘルスケア大学

インナーマッスルを鍛え上げるダイエット

インナーマッスルを鍛える方法の一つに、腹筋運動があります。インナーマッスルを効率よく鍛えていくためには、正しいポジションで運動することが大切です。では、さっそく腹筋運動の手順を見ていきましょう。

(1)仰向けになり。右足を天井に向かって真っ直ぐ垂直にあげます。この時、足首は直角で天井に向けましょう。左足も同じく真上にあげ右足を手前にしながら足首を絡めます。

(2)手の平は床下に向けて体側に置きましょう。

(3)息を吸って吐きながら、ゆっくりと右真横へ床から45度程度倒します。この時、必ず真横へ足を下ろすようにしながら、左の肩甲骨が浮かないようにしましょう。

(4)吸って足を天井に戻し、吐きながら左側へも同じように倒します。右足手前で3から5往復行います。

(5)左足が手前になるように同じくくりかえしましょう。

引用:ヘルスケア大学

呼吸法を工夫して鍛え上げる方法

インナーマッスルを鍛える方法は腹筋運動だけではありません。通常の呼吸よりも深く息を吸って、長い間息を吐き続けるロングブレスは、インナーマッスルの強化におすすめのトレーニングです。

まずは3秒で大きく素早く息を吸い込みます。その後7秒かけて息を吐くのですが、最初の一瞬で大きく息を吐き、フーッ!という声が出るほどに勢いよく吐き出します。そしてその後、細く長く息を吐き続けます。

息を吸う時も吐く時も、おなかと背中がくっつくイメージで、おなかを凹ませて行います。息を吸う時にもおなかが膨らまないように注意してください。それを6回続けましょう。

引用:ヘルスケア大学

インナーマッスルを鍛えて美しい身体へ

身体の内側にあるインナーマッスルは、普段の生活でなかなか使う機会がなく、だらしないお腹になってしまいがちです。インナーマッスルを意識的に鍛え上げ、理想の身体を手に入れましょう。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ