Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2018年11月8日 更新
3 view

赤みやくすみ、お肌の悩みをこれで解決! 多彩なカラーのコントロールカラーがカギ!

コントロールカラーとは?

コントロールカラーとは?

お肌の悩み。「赤みが気になる」「くすみが気になる」など、人それぞれ違いますよね。

今回は、コントロールカラーを使用して、お悩み解消をめざしてみませんか?

コントロールカラーは、「ピンク、イエロー、グリーン、ブルー、パープル」の5つのカラーで成り立っています。

ぜひ、あなたの肌の悩みに合ったカラーを取り入れてみて下さいね♪

コントロールカラーの役割

コントロールカラーの役割

コントロールカラーは、色のついた下地で、くすみや赤みなどが気になる部分に使用する、ベースメイクアイテムです。

さて、先ほど紹介した5つのカラー、5色それぞれの特徴やおすすめのポイントを紹介します。

◇ ピンク 
血色がよくない方におすすめ。
ピンクを使うことで、血色感のある健康的な肌に見えるように

◇ イエロー
肌のくすみ・色ムラが気になる方におすすめ。
小鼻の赤みにも使えて、コントロールカラーをどれにしようか迷っている方にもおすすめのカラー

◇ グリーン
頬の赤み・ニキビ跡が気になる方におすすめ。
顔全体に塗ってしまうと白浮きしてしまうので、ポイント、ポイントで使うと◎

◇ ブルー
肌のトーンアップ・透明感が欲しい方におすすめ。
肌が黄色っぽくくすんでいる方・黄色味が強い方には特におすすめ!

◇ パープル
ブルーの透明感 + ピンクの血色感がプラスされた最強のコントロールカラー!
肌をトーンアップしてくれて、華やかな肌に仕上がります。

コントロールカラーで最強のお肌を手に入れよう!

コントロールカラーで最強のお肌を手に入れよう!

以上、5色のコントロールカラーの紹介でした!

みなさんの肌の悩みに合ったカラーはありましたか?

ぜひ、コントロールカラーをベースメイクに取り入れて、綺麗な肌で外に出掛けましょう♪

関連記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

AUTHORs Beauty AUTHORs Beauty