Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2019年1月29日 更新
18 view

パーソナルカラーからは適職もわかるんです。さて「社長」になれるのはどのタイプ?

今話題の「あの社長」はオータムさんです。

今話題の「あの社長」はオータムさんです。

公私ともに何かと話題のZOZOTOWNの前澤友作社長。
彼のパ-ナルカラータイプは「オータム」です。

前職はミュージシャンのようですし、仕事に対する考え方や発想がユニークで、社員への接し方はフラットな印象です。
その言動にはオータムさんの特徴がよく表れていますよ。

穴の開いた古着のデニムをゆるっと着るような、個性的なファッションがとても似合いそうですね。

”社長”に多いのは「スプリングタイプ」です。

”社長”に多いのは「スプリングタイプ」です。

”社長”の多くは「スプリングタイプ」です。これはどこの国でも同じ結果で、偶然ではありません。

スプリングさんの特徴である、明るさやパワー、強いリーダーシップ、カリスマ性、行動力が社長業には必須の能力だからです。

個人経営のお店の”社長”はスプリングさんがとても多いですよ。

イエロー系とブルー系、得意分野が異なります。

イエロー系とブルー系、得意分野が異なります。

適材適所という言葉があるように、人によって輝ける場所は違います。
大きく分けて、人前に顔を出すような職種はイエロー系の「スプリング」や「オータム」、組織の中でこつこつ仕事をするような職種はブルー系の「サマー」や「ウィンター」が得意としています。

さて、あなたはどちらのタイプでしょう?

関連記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

AUTHORs Beauty AUTHORs Beauty