Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年12月4日 更新
39 view

ワキガの原因は「アポクリン腺」にあり!正しいワキケアで克服しよう

ワキガの原因…「アポクリン腺」って?

においの原因は誰にでもあるアポクリン腺という汗腺です。でも、身体の中でもアポクリン腺があるのは一部に過ぎないのだそう。アポクリン腺とは一体何者なのでしょうか?

エクリン腺とアポクリン腺の違い
エクリン腺は全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っています。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるだけに、においはほとんどありません。
一方のアポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。これらの成分が常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいが発生するのです。

デリケートな部分に集まっているのがアポクリン腺なのです。やっかいな存在に思えますが、実はヒトにとって重要な働きを持っていたってご存知ですか?

アポクリン腺のにおいはフェロモン!?

なんでワキガになってしまうんだろう?

もともとは清潔なことで有名な日本人。なぜ、ワキガになる方が増えてきているのでしょうか。

世界と日本で違うワキガに対する意識
ところで、世界にはどれぐらいワキガ体質の人がいるのでしょうか。
10人に1人(約10%)がワキガ体質の日本にくらべ、欧米では70〜100%がワキガ体質と、かなり高い割合を占めます。(「ワキガ」ではなく「ワキガ体質」ですので、ご注意ください。)
ワキガ体質が多い欧米と少ない日本。その違いは、食文化の影響が大きいと考えられます。肉類など高カロリー&高脂肪の食べ物には、皮脂腺やアポクリン腺を活発にする作用があります。

日本でも食生活の欧米化によって、ワキガ体質が少しずつ増えてきているということなんですね。

そんなワキガ体質を改善するには

自分でできる!ワキガのセルフチェックをしてみよう

においの悩みはとてもデリケートですから、におっているかどうか周りの人に聞きたくてもなかなか思い切れませんよね!そこで、ワキガ体質かどうかを気軽に知るためのセルフチェック方法をお教えします。

耳アカがベタベタしていないか
ワキガ体質の人の耳アカは、やわらかく湿り気をもっていることが多いです。耳アカには乾燥した「コナ耳」と湿った「アメ耳」の2つのタイプがあるのですが、ワキガ体質の人は圧倒的に後者が多いです。
洋服のワキ部分に黄ばんだシミができやすいか
白い洋服や下着のワキ部分が黄ばむことが多々ある人は、ワキガ体質という可能性が高いです。これは、アポクリン腺から出る汗によるものです。アポクリン腺の汗はタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分など、においの原因となる物質を含み、やや粘り気があることが特徴です。

セルフチェックの方法はまだまだありますので、気になる方は一度一通りのチェックをしてみることをおすすめします。

詳しいセルフチェックはこちら

いかがでしたか。ワキガのセルフチェックをして気になった方は、体質改善についても検討してみましょう!

ワキガはどうやって改善する?

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ