Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年12月7日 更新
14 view

そのニキビはまだ大丈夫!?「ニキビ跡」は残らないものと残るものがある!

私たちのもっとも身近な肌トラブルのひとつ「ニキビ」。治った後も炎症後の色素沈着や瘢痕(はんこん)などのニキビ跡が残ることがあり、本当に嫌ですよね。しかし、ニキビができたからといって、跡になるものばかりではないのをご存知でしょうか。

ニキビとニキビ跡ができるメカニズム

思春期はもちろん、大人になってもできることがあるニキビは、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」という皮膚の病気のひとつなのです。たかがニキビと放っておくと跡が残ってしまうこともありますので適切なケアや治療が必要なのです。ニキビ跡が残って後悔しないためにも、ニキビの種類やできるメカニズムをご紹介します。

新陳代謝の低下や、ホルモンの影響等で肌の表面が硬くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まってしまいます。また過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

この状態からニキビになっていきますが、状態により呼び方が違います。

引用:スキンケア大学

できたニキビは、悪化させることでニキビ跡が残りやすくなります。

炎症が発生していない白ニキビ・黒ニキビの段階で治れば、跡は残りません。(ただし、ニキビを不適切に潰して皮膚に大きなダメージを与えると、炎症前でもニキビ跡が残る場合があります。)

しかし、炎症が発生してしまうとニキビ跡が残る確率が高くなります。

引用:スキンケア大学

炎症具合から見たニキビ跡になりやすい種類

白っぽい色をしていて毛孔もまだ開放されていない白ニキビやそれが進行して皮脂が酸化や汚れで黒っぽくなった黒ニキビは、ニキビの初期段階のため炎症も起こしておらず、自分でつぶして肌を傷つけない限りは跡になりにくいといわせています。しかし、これらが炎症すると赤ニキビへと発展します。

炎症が起こるとニキビが治った後に肌に痕(色素沈着やクレーターなど)が残る可能性が出てきますので、指先でつぶしたり、手で触ったりするのは絶対にやめましょう。

引用:スキンケア大学

赤ニキビの炎症がさらに進行すると黄ニキビになります。

この段階は、ニキビが治った後も、赤ニキビよりさらに、色素沈着を起こしたり、クレーターが残る可能性が高くなります。

引用:スキンケア大学

早めの治療でニキビ跡を防ごう

ニキビができても「たかがニキビだし。」と、そのままにしておく人も少なくないでしょう。しかし、ニキビも皮膚の病気のひとつ。炎症が進む前に医療機関を受診して早めに治療することで、跡が残る心配を和らげ、ニキビ跡で悩むことはなくなるかもしれませんよ。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ