Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2018年8月30日 更新
4 view

お洒落と爽やかのマリアージュ♡「ブルー×レモン」のネイルデザイン

爽やかなブルーとレモンカラー。この2色を使うと、お洒落で爽やかなネイルデザインが生まれます。レモンカラーに組み合わせるブルーには様々な色味・デザインがありますので、工夫次第でデザインバリエーションもかなり増えそうですね。この記事では、ブルーとレモンカラーでアートするネイルデザインをご紹介します。

ブルーの布地デザインにレモンカラーをプラス

Nailroom彩

最初にご紹介するのは、ブルーの布地デザインにレモンカラーを組み合わせたネイルです。

例えば、ライトブルーのデニムネイルにレモンカラーのネイルを合わせたデザインはいかがでしょうか。
爽やかなレモンカラーにデニムの青みが差し色となって、お洒落度高めなデザインに仕上がりますよ♪
5本全てのベースデザインをデニム柄にした上で、レモンカラーのロゴやフラワー柄を描くデザインも素敵ですね。

デニムデザイン以外にも、ブルーのバンダナ柄(ペイズリー柄)やチドリ格子柄というように、さまざまなデザインにチャレンジしてみてくださいね!

H&S

 

ブルー×レモンのカラフルなカジュアルネイル

STUNNING NAIL

次にご紹介するのは、ブルーとレモンカラーを使ったカラフルなデザインです。

例えば、爪を複数のブロックに分け、そのブロック内をブルーとレモンカラーで塗り分けていくデザインはいかがでしょうか。
他に、ピンクやオレンジ、ミントカラーをプラスしてもいいですね。
またブルーとレモンカラーの色味も、ホワイトを少し混ぜてパステルっぽい感じにしたり、ネオンカラーに近いものにしたりすることで、仕上がりの雰囲気を変えることができます。

ライトブルーをベースにレモンカラーで大小さまざまなドット柄を描いたり、乳白色ベースにライトブルーとレモンカラーのフラワー柄を描いたり…。
差し色でグレーやネイビーをプラスするのもおすすめですよ♪

MARCH

ジューシーなレモンネイルに差し色ブルーをプラス

nailroom Citron

ジューシーなレモンを描いた、レモンネイル。
最近はフルーツを描いたデザインが人気なこともあって、レモンネイルにチャレンジしたことがある方もいらっしゃるかと思います。

そんなレモンネイルですが、ブルーとの相性も抜群です!
レモンネイルの爪先数ミリをブルーでカラーリングしたり、レモンネイルにブルーのワンカラーネイルを合わせたり…。
色々なデザインバリエーションが考えられますね。

レモンの形を描いたり、レモンの断面を描いたりというように、レモンネイルのデザインも変化させてみてください!

Itnail編集部

関連記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

AUTHORs Beauty AUTHORs Beauty