Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年12月7日 更新
91 view

ぽっこりお腹をキュッと。美くびれをつくる呼吸とダイエット法

モデルのようなくびれを手に入れるには、ハードな筋トレや運動が必要だと思っていませんか?実は、くびれをつくるために必要なポイントは、意外と簡単なところにあったんです。一体どのようなものなのでしょう。

なかなか「くびれない」理由

実は、女性の身体はくびれにくい特徴をもっているといわれています。女性の筋肉の大半は一般的な筋トレでは絞りにくい「遅筋」という筋肉で構成されています。そのため、男性と同じような筋トレをしていても、なかなかくびれないというわけです。

筋肉には、瞬間的に大きなパワーを発揮できる「速筋(そっきん)」と「遅筋」の2種類があります。女性の身体に多い遅筋は、トレーニングなどで大きく成長することはほとんどありません。女性が筋トレをしても男性のようにがっちりとした筋肉になりにくいのは、女性の筋肉構造が特徴なのです。

引用:ヘルスケア大学

さらに、女性は皮下脂肪が男性よりも厚いので、筋トレで男性のようなくっきり割れた腹筋をみせることは難しいとされています。

呼吸を意識したエクササイズ

くびれをつくるためには、「呼吸」を意識することが重要になります。ここでご紹介するエクササイズは、ボールを使って行う簡単なものです。まず、姿勢を正し、足を揃えた状態でひざを曲げて床に座ります。ボールを持った手は、胸のあたりに構えましょう。息を吸いながらボールを前に出し、今度は吐きながらゆっくり右に腰をねじります。ひねりが深まったら、足が浮かないようにしながら、ボールを右後ろの床に付けるようにしてみましょう。これを左右繰り返します。

これを左右交互に10〜15回ほど行いましょう。わき腹にある腹斜筋に働きかけながら、呼吸に合わせてゆっくりと動くことが大切です。今回はボールを使っていますが、持ちやすければ他のもので代用しても構いません。座る場所さえあればどこでもできる、手軽なエクササイズです。

引用:ヘルスケア大学

「腹斜筋」を意識した生活を

エクササイズが面倒だというズボラ女子さんには、生活の中で腹斜筋を意識することをおすすめします。腹斜筋とは、わき腹を斜めに走る筋肉のことです。くびれを効率よく手に入れるなら、高いものを取るときや後ろを振り向くときに、あえて大げさに腰をねじるようにしてみましょう。自然と腹斜筋に負荷がかかるようになります。

くびれにアプローチするためには、わき腹を斜めに走る腹斜筋を鍛えることが重要です。この筋肉が衰えると、わき腹に脂肪がつきやすくなり、浮き輪のようなたるんだウエストになってしまうのです。腹斜筋を鍛えることで、ウエストが細くなるのはもちろん、代謝が高まることで太りにくい体質を作れ、冷えやむくみの解消にも効果が期待できます。

引用:ヘルスケア大学

呼吸とねじりでくびれをゲット

ささいなことのように感じられますが、これらは続けることで効果が得られます。3日坊主にならないよう、簡単な目標からスタートして、コツコツと努力を積み重ねていきましょう。きっと美しいくびれが手に入りますよ。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ