Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2019年1月11日 更新
9 view

パーソナルカラーごとに違います。似合うダウンコートと首元のおしゃれ

カラータイプ別、首元のオシャレはこちら! 

カラータイプ別、首元のオシャレはこちら! 

寒いこの時期、ダウンコートを着る機会が多いと思います。

今回は、1着のダウンコートをベースに、カラータイプごとに異なるダウンの着こなしや首元のおしゃれをご紹介します。

スプリングさんは「スカーフ」

スプリングさんは「スカーフ」

軽快な服がお似合いのスプリングさん。
ダウンはとても似合います。
丈が短いスポーティな形、ロングコートならウエストをマークして元気な印象に。
コートの首元は少しあけて、ツヤとハリがあるスカーフや、ふわふわのファーをのぞかせるのが似合います。
全体的にすっきり、コンパクトにまとめましょう。

サマーさんは「華奢なニット」

サマーさんは「華奢なニット」

繊細な服がお似合いのサマーさん。
ツヤがない黒、ネイビー、グレーなどのダウンは似合います。
スポーティになり過ぎないように、女性らしい着こなしを心がけて。
首元は大きめに開けて、パシュミナや細いゲージの繊細なニットのマフラーを。
ボディラインを出しすぎないほうが、おしゃれに見えます。

オータムさんは「重ね着」

オータムさんは「重ね着」

黒やネイビーのダウンは、オータムさんの肌質と肌色に合いません。
ダウンを着る場合はオータムカラーに。
もし似合わない色のダウンを着る場合は、コートは前を開けて着て。
写真のように、ボリュームのある小物も取り入れて、他の部分に目がいくようにしましょう。
オータムさんは重ね着がとてもお似合いなので、ぜひお試しくださいね!

ウィンターさんは「上質なカシミヤ」

ウィンターさんは「上質なカシミヤ」

ウィンターさんの似合うダウンは、ツヤがある大胆なデザインです。
写真のダウンの色は似合いますが、ツヤがないため少し頼りなく見えてしまいます。
首元はしっかり締めて、コートの上からつやのあるカシミヤや太いゲージの極端に長いマフラーなどを巻いて、独特な雰囲気を表現してみましょう。

地域により防寒対策は異なると思いますが、ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

AUTHORs Beauty AUTHORs Beauty