Buutiful〈ブーティフル〉

明るく楽しく!みんなのブーティフル

2017年12月15日 更新
12 view

目の下ダル~ン…の原因は?たるみを解消するアイケアまとめ

顔の中でも目は印象的な部分です。しかし、目の周りの肌や筋肉は加齢によって衰えていきます。特に目の下はたるみが出やすい部分であるため、老化防止の対策が必要です。

たるみの原因は「老化」

目の周りのシワやたるみは、筋肉の老化により皮膚がたるむことが原因のひとつとされています。

目の下のたるみの、一番多い原因は老化だといわれています。年齢と共に目の周囲の筋肉が衰えていき、脂肪が溜まって皮膚が下がることによって、目の下にたるみができてくるのです。特に目の周囲は皮膚が薄いので、たるみが目立ちやすい箇所でもあります。

引用:スキンケア大学

たるみ防止の筋肉トレーニング

老化した筋肉は、年齢に関係なく鍛えることができるといわれています。

目の下のたるみを解消したければ、目の周りをぐるりと囲んでいる「眼輪筋」を鍛えるのが効果的です。筋肉を鍛えれば、重い皮膚を支える力を取り戻すことができるからです。

引用:スキンケア大学

仕事や家事の合間にできる簡単な「眼輪筋トレーニング」をご紹介します。

1. 目を軽く閉じます

2. ゆっくりと目をギューっと閉じていき、そのまま5秒間キープします

3. 少しずつ目の力を抜いていきます

4. 今度は眉を上げて目をパッと開きます

5. 5秒間キープしてから、ゆっくりと自然な状態に戻します

引用:スキンケア大学

目元のハリを取り戻すスキンケア

筋肉を覆っている皮膚のハリを取り戻すことによって、たるみを防ぐことも大切です。

目元のたるみで影ができることによってできる黒くまは、目元にハリをもたせることがポイントです。コラーゲンやヒアルロン酸といった肌にハリを与える成分が配合されたクリームを取り入れて、たるみを防ぎましょう。一度たるむと、改善しにくい場合があります。早めのケアが重要です。

引用:スキンケア大学

今からでも遅くはないたるみケア

加齢による老化は避けられない現象です。しかし、老化の影響をできるだけ少なくする対策をとることもできます。目の下のたるみには周辺の筋肉を鍛え、表面の肌をケアすることが大切です。早めのケアを心がけましょう。

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のライター

スキンケア大学 スキンケア大学

話題になっているキーワードタグ